短編

□ふわふわり
2ページ/3ページ


 ちょうど日付がクリスマスイヴからクリスマスになった頃。
 しんしんと雪が降り始めました。
 ふわり、ふわり。
 ふわふわり。

 そう、シュニーやネージュ、他の仲間達です。

 シュニーはソーセージが美味しそうに香る場所に、ネージュは隣のとってもお洒落な場所にふわふわ。
 二人は落ちていく中、お互いを見付け微笑み合いました。

 その日、地上は真っ白に染まりました。


fin.
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ