秘密請負人

□―喪失と焦燥―
1ページ/24ページ


暗闇を纏った人物は、息を潜めて機会を窺っていた。


いつの間にか"あの人"の隣を占領していた者へ向けた憎悪か。
それとも"あの人"への歪んだ愛情の果ての行為なのか。


どちらにせよ、訪れた機会に鼓動が高まらないはずはない。


上質な黒の上に乗った桃色の文字を細い指でなぞると、笑みをこぼした。

どこか危うさを孕んだその笑みは、誰の目にも留まることなく、ただ、どこまでも堕ちていく。



手紙の宛名に唇を軽く押し付け、声高らかに、神聖な遊びの始まりを宣言した。


「ゲームスタート」


.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ