秘密請負人

□―愛情と束縛―
1ページ/26ページ


俺は知らない。



こんな醜い感情は知らない。



それが自分に向けられていることは、知っていたはずなのに。

こんなに醜くて、酷くて、憎らしくて、それでいて愛しい。

己に向けられた、剥き出しの感情。


毎晩のように自分を触っていた、
血管の浮き出た甲、
皺のよった指、
唯一の人の、その手。


嫌悪の対象であったはずのものが、姿を変えていくのを感じて、身震いした。


それとも、変わったのは自分自身?



くしゃりと髪に手をうずめて、

そこでふと、

憎むべき人の癖が移っていることに気が付く。




時間は巻き戻せない。


けれど、


そう、
何かを残していくのだ。


.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ