秘密請負人

□―出会いと仕事―
1ページ/21ページ


「血……血が喉を潤す…。」



喉を鳴らし、恍惚と顔を緩ませた異形の者が一人。
隣には学生服を着た少女が横たわっている。

夜の空を見上げながら、目を月と同じ色に輝かせる。夜風が冷たく頬を撫でていく。

途端に興奮状態にあった自分が正気に戻っていくのを感じた。

唇に手で触れると、触れた指が紅く染まっている。


ざり、と
背後で砂利を踏む音。

振り返れば見知らぬ男。

その男は異様な状況にも、異形の自分を見ても動じない。
それどころか口元に笑みを浮かべていた。


そして一言


「これはこれは…、大した秘密ですね」


と。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ