short

□宿題
1ページ/2ページ


夏祭りに花火、会えなかった友達と遊んだりいろんなとこに行ったり、その他エトセトラ…

とにかくいろんな事があって楽しかった、夏休み。
でもあることを忘れていた…



「終わらないぃぃぃ!!!!」

「うるさい、早くやれよ」



終わらないと騒ぐ私と、サッカー雑誌で私の頭をパシンと叩く次郎。

私の目の前にあるのは夏休みの課題たち。
それを忘れて遊び呆けた過去の自分を叱りたい。

叩かれた頭を擦りながら次郎を睨む。



「次郎、終わったの?」

「とっくにな」

「教え「断る」

「何で!?」

「せっかく部活が久々に休みなのに勉強させるなよ」



だったらなんで私の部屋に来たんだよ

なんてまた叩かれるのが見えるから言わない。



「教えてよー!なんでも言う事聞くし、何でもするからさー!!」



私のその言葉に次郎がピクリと反応した。
読んでいた雑誌をパタンと閉じてダルそうに分かったよ、と言った。



「ぃやったぁー!!次郎大好きー!!」

「はいはい、早くやるぞ」

「はーい!!」



次郎が私の隣に座って宿題を再開する。
それからというもの、素晴らしいぐらい早く宿題は進んだ


次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ