マジックセブン

□4章〜複写の騎士〜
1ページ/11ページ

「さぁーて、先ずは小手調べといこうか。」

ニヤリと笑った成茂は、どこからともなく取り出した本をめくりながら呟いた。

俺は成茂が本をめくっている間、頭をフルで働かせていた。
なんとか魔法が使えない俺でも、魔法使いの成茂に勝てないか?
別にこの勝負、絶対に勝たなければいけないといいことではないようだが、なんだかあの成茂に負けるのはしゃくだ。
そうこう考えている間に、成茂は本をめくるのを止め、腕を天へと突き上げた。

「先ずはコイツにしよう。ク、クリニス(彗星の尾)!」

成茂の拳から水色に光る魔法陣が広がり、そこから青白いボーリングの球のような物が発射された。

それは尾を引いて俺に向かって飛んで来る。

「ひ、ひぃ…」

俺は慌てて、横っ飛びに避けた。

「なんだい?大きいのは態度だけかい?
クリニス!クリニス!クリニス!」

今度はさっきよりも小さいが、三つも青白い球が飛んできていた。

「ヤバッ!」

俺は二つを避けたが、最後の一つを左腕にかすってしまった。

「って〜」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ