マジックセブン

□2章〜SWW〜
1ページ/9ページ

俺達は聖域を出て、今は石造りの道のような場所を進んでいる。

俺達が今までいた、聖域とかいう場所は、他の建物から少し離れた所にあるらしい。

「う〜ん。ねぇ翔君。ちょっと、楽したくな〜い?」

「は、はぁ〜」

確かに、いろいろあって疲れてはいたけど、俺だってそんなやわじゃない。まだまだ歩けるつもりだったが…

「うん♪そうだね♪ちょっと楽しよう。」

どうやら、俺に決定権は無いらしい。

「べ、ベーキングパウダー(ふくらし粉)」

いきなり、朝霧さんがなにか叫んだと思ったら、朝霧さんが持っていたほうきを魔法陣が包み、みるみる内にほうきは膨らんだ。

「フロート(浮遊)」

今度はほうきが浮いた!?

「さっ、乗って」

えーっ!!これは俗にいう魔法というやつですか?

「あ、あの朝霧さん。これは…」

俺が聞くと朝霧さんは後でわかるよと言って、またほうきに乗るように促してきた。

今やニメートルを越えていたほうきのどこに座るか悩んだ挙げ句、結局俺はほうきの柄の先の方に座った。

俺が座ると朝霧さんも俺の後ろに座った。


「さて、それじゃあ翔君。きちんと捕まっているんだよ。プ、プログレス(進行)」

ほうきは俺達を乗せて、進み出した。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ