Novel2

□※罪人は愛を乞い、断罪人は愛を殺す。
1ページ/4ページ


熱に浮く意識は淡く、今の状況が現実なのか非現実なのか、それすらも曖昧にしていく。
ただ身体に響く疼きは、頭を、身体を、余すところなく甘い官能に堕とすのだ。

「あ、っふぁ…しずちゃ…っあ、いく、だめ…っ」

「っく…!」

「っ!あ、ひぁ…っ」

熱い感覚が流れ込む。その熱が痺れに変わって臨也の背を走って。

「や、んァ――っ!」

欲望を、吐き出した。


静雄とこんな関係になったのはいつからだったか。
そう思いを馳せれば、もう数年前に遡らなければならない。
高校教師との援交が静雄にばれた。口封じにと身体を重ねた。そのまま、その歪な関係が続いている。
…けれど、ばれて構わなかった。静雄とこうして交わることが、嫌では無かった。
静雄が好きだから。あの頃から、ずっと。
…けれど。
それは俺の、片想いにすぎない。


「――おい、臨也」

不意に意識に染み込んだ声に、臨也ははっとした。
果てたと同時に、意識を飛ばしてしまっていたらしい。まだ頭はくらくらする。
目の前の静雄とは繋がったまま。熱に浮かされて虚ろな目をする臨也に、静雄は汗を拭いながら言った。

「まだ終わらねぇに決まってるだろ」



そう、きっと間違いない。
性欲を満たすためだけに呼ばれて、こんなにも乱暴に犯されて。
これが彼の愛だというのか。そんなはずがない。
本当は誰よりも暴力が嫌いで、喧嘩が嫌いで、優しいシズちゃん。
そんな奴の愛がこんな表現なはずがないじゃないか。
『嫌いだけれど、女を傷つけるくらいなら、こいつを抱いた方がましだ。』
彼にとって、きっと俺はそんな存在。

――ねぇシズちゃん。
嫌いなら、早く殺してよ。
どうせ、どんなに喧嘩したって、君の下で喘いだって、シズちゃんに愛されることはない。
だったら、そんな俺はいらない。
こんな身体だけの関係を強いられたままだなんて、辛いだけじゃないか。
だから、殺して。
シズちゃんの世界から、俺を消し去ってよ。



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ