Novel2

□初茜に唇を
1ページ/5ページ


「兄さん、おいしい?」

「ああ。初めてこんな店入ったから緊張してるけどな」

「たまには贅沢してもいいと思うよ」

12月31日。クリスマスが終わり入れ替わるように高まった正月ムードも、ピークを迎えようとしている。
そんな中静雄は、弟の幽と高級和食料理店に来ていた。
去年は幽は大晦日まで仕事があったものの、今年は無かったため、こうして誘われて来慣れない店に来ているわけだ。
今年もあと数十分。テレビでは毎年恒例の歌番組でもやっているのだろう。去年はそれを見ながらインスタントの蕎麦を食べていたが、今年みたいな年越しも悪くない。何より、家族と過ごせるのは嬉しい。

「…そうだな。あ、でも金……」

「いいよ。俺の方が稼いでるんだし、兄さんには世話になってるから、そのお礼」

「…ありがとうな」

照れたように笑った静雄へ、幽はこくんと無表情に頷いた。
――しかし、兄である静雄には満面の笑みに見えたらしい。更に嬉しそうに笑って、静雄は漬け物をつまんだ。

「それにしても美味いな。年一回の贅沢って感じで」

「美味しいよね」

それから黙々と食事を続け、気が付けば時計の針は11時57分を指していた。
あと少しで年越すな、としみじみ言えば、不意に幽が口を開いた。

「折原さんは?」

静雄は思わずはたりと止まり、それから困ったように笑う。

「今は幽と来てるんだから、臨也はどうでもいいよ」

「でも兄さん、折原さんと――
付き合ってるんでしょ?」

幽の言葉に、静雄は素直に頷いて見せた。

「でも、臨也は今日も仕事があるらしいし、もし仕事がなくても幽が先だったら幽と一緒にここに来てたよ」

「……」

幽の凝視に、静雄は思わず苦笑を溢した。
.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ