REBORN!-short-A

□ふたりの弱点
1ページ/2ページ





百合「今回は私の家(?)に来てます!」

雅「でかっ!
このマンションでかすぎるよ!!」

百合「私も最初は驚きました…」

雅「いかにも高級マンション?」

百合「みたいですね」


▼遊園地について


雅「めっちゃ楽しかった!!」

百合「お化け屋敷だけは
もう勘弁です…
あとジェットコースターも…」

雅「面白いのに!」

百合「…怖いです…(泣)」

雅「大丈夫だって!
私がついてるでしょ!?」

百合「雅…もう大好きですっ…!!」

雅「百合…私もだよ!!」


▼ゲスト(不法侵入☆)


山本「なんで抱き合ってるのなー?」

百合「きゃあっ!!(驚)」

雅「うわっ!武兄!?」

山本「そんなに驚かなくてもよくね?」

雅「いや、だって思いっきり
百合の家に不法侵入してるじゃん!!」

百合「お、驚かさないでください…」

山本「わりーわりー!」

雅「そういえば、何しに来たの?」

山本「暇だから遊びに来たのなっ」

百合「…どうせリボーンが
行ってこいとか言ってたん
じゃないですか?」

山本「お!鋭いなぁー!」

雅「リボーン…(呆)なぜか本人は
来ないんだね。
おっかしいよねー!」

百合「そうですね…(呆)」


▼大切な人


雅「大切な人かぁ…って、
あれ?武兄は?」

百合「さっき帰ってもらいました」

雅「へ、へぇ…!(意外と行動が
早いんだね、百合…)」

百合「私の大切な人…それは
今亡き人なのですが…」

雅「今亡きって…!?」

百合「ふふっ私の過去、
いつかお話しますね?」

雅「うん。待ってるね。
…私は、今まで
支えてくれた人達かな?」

百合「そうなんですか…」


▼ちょっとした弱点


百合「弱点…!?」

雅「なんか変なネタだなっ!!」

百合「しかも前にやったことが
あるような…?」

雅「とにかく答えるしかないな!」

百合「そうですね」

雅「私は京子とハルの上目に弱い!!」

百合「ほへぇ!じゃあ私は…?」

雅「う"…さ、さあなっ!!」

百合「私はとにかく満月が駄目です」

雅「そんなにヤバいんだね…」

百合「はい。例えば、
満月の光を浴びすぎると…」

雅「浴びすぎると…??」

百合「男女構わず血をS
「わぁー!!ストーップ!!なんか危険!!」
あ、禁句でしたか?(笑)」

雅「いやいや…!!
禁句どころか怖いわ!!(絶対満月を
見せないようにしないと…)」

百合「しょうがないです。
ヴァンパイヤですから(ニコニコ)」

雅「そ、そうなんだ…?(汗)」

百合「もし雅の前で満月の光を
浴びたら、雅の血をS
「やめぇぇえええっ!!」
ふふっ冗談ですよー♪」

雅「だよねー(冗談に聞こえないよ?)」




百合「そろそろ終わりですかね?」

雅「そんな感じだねー」

百合「今度は雅の家に行ってみたい!!」

雅「んー、考えておくね」

百合「ありがとう(ニコッ)」

雅「じゃあ…それではっ!」

百合&雅「また次回っ!!」


















→あとがき
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ