REBORN!-short-A

□ジェットコースターと優雅な時間
1ページ/2ページ




雅「前回の引き続きでお送り
しま〜す!」

百合「お化け屋敷怖かったです…」

雲雀&骸「(可愛い///)」

百合「次は何に乗ります?」

雅「はい!はい!
ジェットコースターがいい!」

雲雀「いいんじゃない?」

骸「遊園地の定番ですしね」

百合「え"!?」

雅「百合…ジェットコースター
怖いの?」

百合「……はい…」

雲雀&骸「(この子のギャップ
可愛すぎ!)」


▼ジェットコースター


百合「やめましょうよ!」

雅&雲雀&骸「駄目(だね)(です)」

――――――――――
――――――――
――――――

骸「ほう、これは3人乗りですか…。
では、僕と百合と雅で。
雲雀恭弥は1人で乗ってください」

雲雀「君死にたいの?
僕が2人と乗るんだよ」

百合「2人共、喧嘩になってます…!」

雅「たく…バカどもが…」

ゴツン!

雅「こんな所で喧嘩すんなら
外でやれ!
雲雀と骸は仲良く2人で乗れ。
私は百合と乗るから」

雲雀&骸「(殴られたの痛かった…)」

ガタンゴトン!ガタンゴトン!

骸「クフフ…雅を怒らせると
怖いですね…」

雲雀「もとはと言えば君のせいだよ、
六道骸」

雅「イエーイ!サイコー!!」

百合「もうすぐ落ちる!!」

ビューン!!!!!!

雅「キャー!楽しい!」

百合「きゃぁぁぁぁあああああああ!!!」

――――――
――――――――――
―――――――――――――

百合「グスン…もう体がもちません…」

雅「次は百合の行きたい所にしよう」

百合「はいっ!!」

雲雀「六道骸…」

骸「何ですか雲雀恭弥?」

雲雀「雅の怖がるギャップが
なくてつまらない…」

骸「僕もですよ…」

雅「(何話してんだ??)」

百合「私、観覧車に乗りたいです!」

雅「いいね。2人もいいよね?」

雲雀&骸「いいよ(ええ)」

百合「!?あっ!」

骸「どうしたんですか?」

百合「2時間待ち…。
諦めましょう…」

雅「ちょっと待った―!
雲雀、アンタの秩序パワーで
今すぐ乗せて!」

雲雀「いいよ」


▼観覧車


雲雀「ねえ、
今すぐ乗せないと咬み殺すよ!」

店員「はっはい!今すぐに!!」

骸「大成功ですね」

百合「恭弥ありがとう」

雲雀「それで、どうやって乗る?」

百合「4人乗りだから皆で
乗りましょう」

雅「スト―ップ!
私、骸と乗りたいから
2人で乗って。行くよ、骸!」

骸「!?わかりました。では…」

百合「えっ!?雅!?」

雅「(コソッ!頑張って)」

百合「雅…」


◆百合&雲雀

百合「綺麗だね恭弥」

雲雀「そうだね…。
でも何で雅は自らあんな
南国果実と乗ったんだろうね?」

百合「…さあ?(雅は私が恭弥と
あまり話した事がないから
一緒にしてくれたんだよね。)」

雲雀「さっきまでの怖さがなくなったね


百合「う"っ…だって
怖かったんだもん…。
観覧車は大好きだから」

雲雀「そう…」

百合「わあー!
並盛があんなに小さい。
でも、素敵です!!」

雲雀「だって僕の町だからね」


◆雅&骸

骸「クフフ…貴女が自ら僕と
乗るとは何か理由があるのでは?」

雅「ばれた?
私、骸を知らないの嘘。
知ってるよ…あの六道骸だって事」

骸「クフフ…やはり雅には
敵いませんね。僕の直感ですが、
雅にはすごい力をお持ちでは?」

雅「!?さすがは六道骸ね…」

骸「そして貴女はマフィア界に
君臨する…」

雅「私もアンタには敵わないや。
この事は誰にも秘密よ」

骸「ええ…わかってます」




百合「楽しかったです!」

雅「私も!!」

百合「雅…」

雅「ん?」

百合「さっきはありがとう」

雅「どういたしまして」

骸「そろそろお別れの時間です」

雲雀「そうだね」

百合&雅「それではまた次回!!」





















→あとがき
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ