REBORN!-short-A

□お化け屋敷
1ページ/2ページ




百合「はい!今回はなんと遊園地に
来ています!」

雅「うわっ!楽しそーっ!!」

百合「でしょう?今回はゲストを
二人お呼びしましたー!」


▼ゲスト


雲雀「やぁ、雅に百合」

雅「ひ、雲雀!?」

骸「クフフ…遊園地ですか。
これから面白くなりそうですね」

雅「…誰?」

百合「あ、雅は知らないんだ?
この人は六道骸っていう人だよ」

骸「雅、ですか。
よろしくお願いしますね…?」

雅「よ、よろしく」

雲雀「…なんで此処に六道骸が
いるんだい?」

骸「クフフ…僕もちょうど
そう思っていたところですよ」

雅「…(こいつら仲悪い…??)」


▼お化け屋敷


百合「…あの…」

雅「ん?何?♪」

百合「…入るんですか…?」

骸「おや?苦手なのですか?」

雲雀「雅は楽しそうだね」

雅「まぁねっ♪」

百合「行かないっていう手段は…」

雅&骸&雲雀「ない(です)ね」

雅「ということでLet's go!」

骸「ここはひとまず、二人組に
分けて入りませんか?」

雲雀「別にいいけど」

雅「よし!じゃあさっそく、
くじ引きで決めよう!!」

百合「えっ…ちょっ!」

骸「決まりましたね。僕と百合。
雅は雲雀恭弥とです」

雲雀「じゃあ先行ってくれば?」

雅「いってらっしゃいー!
楽しんで来てねーっ!!」

骸「ほら、行きますよ」

百合「うっ、え!…まっ…!!」

雅「大丈夫かな?百合は」

雲雀「…さぁね」


◆百合&骸

百合「っ…」

骸「え?百合?まさかもう
泣いているのですか?」

百合「なっ…泣いてませんっ…」

―ガタッ!!

百合「きゃあっ!!!!」

骸「百合…(可愛すぎです…)」

百合「うっ…む、骸さん…」

骸「なんですか?」

百合「怖い…」

骸「手、繋ぎます?」

百合「ありがと、うございます…」


◆雅&雲雀

雅「んー!寒いねぇっ!!」

雲雀「冷房効いてるからね」

―ガタッ!!

雅「わおっ!首吊った人形だっ♪」

雲雀「…思いっ切り楽しんで
るよね?」

雅「え?雲雀怖いの?」

雲雀「怖くないさ」

「きゃぁぁああっ!!!!」

雅「あれ?今の声って百合?」

雲雀「そうみたいだね。
というか百合ってお化け屋
敷苦手なんだ?」

雅「そうみたいー…うわっ!!」

雲雀「…よそ見するからだよ」

雅「なんかムカつく…
殺してやろうか?幽霊さんよ?」

雲雀「(…普通の子じゃない…)」



雅「ん?…あれ?前にいるのって
百合達じゃない?」

雲雀「…みたいだね」

骸「おや、雅と雲雀恭弥
じゃないですか。
もう此処まで来たんですね」

雅「…なんで百合はお姫様抱っこ
されてるわけだ?」

百合「っ…ひくッ…」

雲雀「どうしたの?百合」

骸「あまりの恐怖に動けなくなって
しまいましてね」

雅「?そんなに怖かったかなー?」

雲雀「雅は面白かったみたいだよ」

骸「とりあえず、抱っこしてる
のですが…とっても可愛らしいです」

雅「うわっ!変態発見!」

雲雀「いい加減百合を抱っこ
するの止めてくれる?(ムカつく…)」

百合「あっ…雅っ!!」

雅「わあっ!抱き着かなくても
大丈夫だよ!!怖くないから!ねっ?」

骸「泣いている百合も可愛らしい…」

雲雀「…死にたいの?」

雅「大丈夫だって!私が幽霊を
全員殺してあげるからっ」

百合「ほ、本当…?」

雅「もちろん!」

百合「っ…雅大好き…!!」

骸「(今、殺すって言いました…??)」

雲雀「(…恐ろしい雅…)」











 










→あとがき
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ