REBORN!‐short‐

□雲雀について
1ページ/2ページ






百合「まさかこんなところで雑談という
ことが出来るなんて…」

雅「本当だよ!なんかすごいよね!」

百合「あ、初めまして!黒崎百合と言います。よろしくお願いします」

雅「百合ね!私は須王雅!よろしく」

百合「わわっ!綺麗なハチミツ色の髪で
すね…!」

雅「そ、そう?百合だって紫色の髪なん
て…雲雀に怒られない?」

百合「恭弥、ですか?いえ、今のところ
は…」

雅「へぇー(くそ!雲雀の奴…!)」

百合「と、とりあえず、管理人さんから
お話するネタを出してくれるそうです」

雅「ん?なんだ?」


▼自分の属性について


百合「…?いきないですか?」

雅「ちょっ!ネタばれになっちゃうかも
…みたいな感じだよ!?」

百合「えっと一応、風の属性でボンゴレ
の風の守護者です」

雅「一応設定に書いてあるから言うけど
雪属性だよ。あ、ツナ達には内緒」

百合「ふふっわかりました。雪属性なん
てあるんですね!」

雅「私も風属性があるなんて驚いた!」


▼自分の事について


雅「話題変えるの早っ!!」

百合「本当ですねぇ」

雅「そうだな…私は女っぽい物が嫌い」

百合「そうなんですか?」

雅「うん。だから逆に男っぽい物が好き
なんだよねー!」

百合「だから、制服のリボンがネクタイ
なんですね!」

雅「うん!こっちの方がかっこいいし!
本当はスカートも嫌なんだけど…」

百合「ふふっ面白いですね、雅って」

雅「そ、そうかな?」

百合「私はですね…皆にはまだ秘密です
が雅にだけ特別に教えます!」

雅「え!なになに!?」

百合「実は私…あのヴァンパイヤ、なん
です!」

雅「ぇえっ!?ヴァンパイヤ!!??」

百合「はい。驚きました?」

雅「驚いたもなにも…すごっ!!」

百合「これでも長生きなのでもう歳なん
て忘れてしまいそうです…」


▼雲雀について


百合「恭弥かぁ…」

雅「…!(そういえば、百合って何気に
ファーストネーム!?)」

百合「初めは顔を見て驚きました」

雅「第一印象、俺様で戦闘マニア!」

百合「第一印象、すごいですね…」

雅「だってそうだったんだもん!」

百合「そうなんですか…(恭弥って戦闘
マニアだったんだ…!)」

雅「でも最近、雲雀が優しいんだよね」

百合「良かったですね!」

雅「そ、そうだね。でもさーなんか雲雀
が何か大事な事を話そうとすると…」

百合「何か起きるんですか?」

雅「そうなんだよねー。まぁどうでもい
いけどねっ!」

百合「私はまだあまり恭弥と話したこと
がないんです」

雅「ありゃ?そうなんだ?」

百合「これからたくさんお話が出来ると
嬉しいです」

雅「頑張ってね!」

百合「はい!」




百合「そろそろお別れの時間ですね」

雅「今日は色々話せて楽しかったよ!」

百合「私もです!」

雅「あ、今更なんだけどさ」

百合&雅「友達になって(下さい)!」

雅「あ…」

百合「ふふっ」

雅「ハモった!おもしろっ!」

百合「ですね!これからもよろしくお願
いします!」

雅「こちらこそ!よろしくね!」

















→あとがき
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ