REBORN!-short-B

□X'mas party前編
1ページ/2ページ





雅「クリスマスだーーー!!!」

百合「そんな訳で今回は
クリスマス企画です!」

雲雀「僕はまた特別ゲスト
として来たよ」

骸「…でも何で君なんかが
こんな所にいるんでしょうかね
…雲雀恭弥」

雅「2人共、ケンカしたら
追いだすからね(黒笑」

雲雀&骸「……………」

百合「…じゃっ…じゃあ
始めましょう!」


▼まずは御馳走を楽しもう


百合「雅と2人で作った御馳走です。
食べてください」

骸「ほう、美味しそうですね」

雲雀「以上に多すぎるのは
…アレだよね?」

雅「きぃまってる…じゃぁ〜ん。
わりゃしがためる〜((モグモグ」

百合「(あれだけの数がもう
減ってる…!?)」


▼パーティーは乾杯で♪


雲雀「アレ?
此処にシャンメリーがある…」

雅「あっ!飲むの忘れてたね」

百合「じゃあ乾杯でもしましょう♪」

雅&百合「乾杯〜♪」

雲雀「(アイツとは一緒に
乾杯したくない)」

骸「(雲雀恭弥と乾杯だなんて
…ごめんですね)」


骸「そう言えば…世間では
シャンメリーで酔う人がいると
聞きました」

雲雀「弱い人間だね…」

雅「(コイツ等ってお酒飲んだ
事あるのか!?…小さい事…
飲まさせられた…私だけど…)」

百合「……っ……」

雅「…百合…!?」

百合「…みやび〜〜〜♪」

ギュッ

雅「恭弥、骸!!
百合の様子が可笑しいよ!!」

骸「……これって…」

雲雀「…完全に酔ってるよ、この子」

雅「えぇーーー!!!嘘ー!!
……ごめん、百合っ!!!」

…ッ!

雲雀「…今、何したの?」

雅「水飲まさせた。
ちょっと無理矢理だけどシャンメリー
ならすぐに効果はきれるよ…」

百合「…アレ…私…??」
雅「…どっどうしたの!?」

百合「…えーっと…記憶が…」

骸「何を言ってるんですか…。
たった今、乾杯をしましたよ?」

百合「…そうでしたっけ…」

骸「(何とか上手く騙せましたけど
…記憶まで…ないとは)」

百合を騙した3人だった。


▼次はゲームで盛り上がろう!

雅「ゲームしよ!」

雲雀「良いね…じゃあ王様ゲーム…」

骸「それは僕も同感です」

百合「それにします…か?
(雅が嫌がりそう…)」

第1回戦
王様だ〜れだ!

骸「おや…?僕ですか。
じゃあ…
3番は何かを歌ってください」

雲雀「…何で君の命令を僕が
聞かなきゃならないの?」

骸「クフフ…早くしてくださいよ?」

雲雀「…儚く舞飛ぶように碧く誘う空へ
例えどんな色染まっても守り抜いてく
渦巻く感情にさえ流されない強さを
再び繰り返す証……はい終わった」

雅「恭弥らしい歌詞だね〜」

百合「上手でしたよ」

第2回戦
王様だ〜れだ!

百合「あっ私です!
えっと……
1番は面白い事をしてください」

骸「1番は僕ですか…じゃあ…。
クフフ……クッフーVv…ですかね」

雅「面白い事ってそれーーー!!」

雲雀「(…何だアイツに命令…)」

第3回戦
王様だ〜れだ!

雅「…やったーーー!!王様GET!」

百合「よかったですね」

雅「…そうだな〜じゃあ…
1番と4番は新撰組のコスプレ★」

雲雀&骸「僕…だ(です)」

雅「いってらっしゃーい((ニヤ」

数分後―

骸「着替えましたよ…」

雲雀「これって歴史史上に出てくる
…新撰組」

百合「2人共似合ってますよ」

雅「うん、うん」

第4回戦
王様だ〜れだ!

雅「これで最後だね!」

雲雀「…最後の王様は僕だよ」

百合「全員が王様になりましたね」

雲雀「命令はね…2番と3番は
好きなコスプレして」

百合「私2番です。…3番は…?」

雅「3番、私…。でっでも
好きなコスプレでしょ!!」

数分後―

骸「2人共どんなコスプレを
するんでしょうかね…」

百合「お待たせしました〜」

雲雀&骸「!!?」

百合「ボーカ・ロイドのコスプレを
しました。私は初音ミクの衣装です」

雅「…わっ私は巡音ルカっ/////」

百合「私はお揃いって事で
無理矢理に着てもらいました♪」

雅「(だって百合が上目するから…)
こっこれは断じて"スカート"じゃ
ないから着たんだからね!」








雲雀「百合、雅、そろそろ時間だよ」

骸「締め、お願いします」

雅&百合「後編をお楽しみに!
Mary X'mas!!」









→あとがき
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ