【NUMBER2+1とは】

数々の演劇をプロデュースしてきたDEAD STOCK UNIONが、
これから活躍するであろう若手の役者を集めて、演劇ユニット。

2007年11月に、ドラゴンボールのべジータの声でおなじみの堀川りょうさんと、オスカープロモーションから須磨 史衣さん・原 絵里さん、松竹芸能より岡村 亜紀さんをゲストに迎えて、第一回公演『いつの頃から』を行い
2008年4月の第二回公演は、『旅に出ようよ サリー&Daydreamers』。
ゲストにオスカープロモーションから三崎 千香さんと、美少女クラブ31から内藤 理沙さんを迎え、大好評で幕を下ろすことができました

私達NUMBER2+1の目標は、誰もが知っている有名な集団になることです!
そのためにも、今よりも次、次よりもその次と、どんどんレベルアップした作品をお届けします


【NUMBER2+1の目指すもの】

1、 個性豊かな俳優が集まり、一流のエンターティメントを創る。

2、 発売と同時にチケットが売り切れるような、集客力のあるユニットになり、
業界的に認知され、評価される集団になる。

3、 それぞれの俳優が、ユニットの芝居以外に、テレビ、映画等様々なメディアで活躍し、
俳優としての地位を確立する。





【メンバー募集】

主要メンバーは、ある程度の経験がある人、もしくは、充分な可能性を秘めた潜在能力を感じさせる人を中心にします。所属プロダクションや劇団の垣根を越えて、募集していきます。フリーで活動している役者や新人にも門戸を広げ、ヤル気と可能性のある人材をメンバーとします。

【活動】

年間1本ないし2本の公演を行うほか、新人公演を行い、ユニットの質の向上に努めます。
主要メンバーは本来毎回参加が望ましいのですが、
公演以外の仕事(マスコミ等)も積極的にしてもらうため、スケジュール調整をしつつ、
可能な限り参加するというゆるやかな形をとり、
メンバーの俳優、女優としての仕事の広がりを第一に考えて活動します。
フリーの役者はDEAD STOCK UNIONがマネージメントし、マスコミへの窓口となりますので、
舞台以外の活動も可能です。

【プレゼンテーション】

このユニットのもう一つの大きな活動の目的はプレゼンテーションです。
「役者として売れて行く」事を実現するための一つの手段として、
公演を関係者に見ていただき、生のプレゼンをします。
そのために、制作関係者に実際に観てもらい、
プロフィールや宣材写真だけでは分からない、それぞれの役者の魅力や演技力を、
「芝居を観る」という事で、直接感じて頂きます。

【参加資格】

年齢、性別、経験は一切問いません。個性とパワーのある人の参加をお待ちしております。



NUMBER2+1が皆様にお届けするのは、観た人の心に残るエンターテイメントです。






☆応募方法
芸暦を明記した履歴書またはプロフィール、写真2枚(バストアップ・全身)、住所氏名を明記した返信用封筒、80円切手2枚を同封の上、郵送してください。面接の日時をご連絡いたします。(応募書類の返却不可)

応募先
〒150-0044 渋谷区円山町11-3 向山ビル102 
デッドストックユニオンNUMBER2+1メンバー募集係

[TOPへ]
[カスタマイズ]



擬人化アンケート


©フォレストページ