―BL―

□甘い誘惑―tempt―
2ページ/6ページ







『ッ…ぅ…ッくそ…!!』




月明かりが照らす裏庭――


神秘的な夜の世界の中、零は一人レベルE化の苦痛に身を歪めていた。



『……ッ…何の用だ、玖蘭…!!」


『…クス…ひどいね。そんなに僕のことが嫌い?』


枢は暗闇の中、どこからか現れた。


『嫌いだ』

『……即答か…』

『一体なんなんだ…用がないなら帰れ!』


『クス…怖いね、風紀委員さん』




知っているかい…?




『…ッ…』



君が苦痛に耐えるその姿さえ



僕は君を愛しいと思うんだよ?



そして



『…ッあぁ…!!』


苦痛から逃れるために足掻く君


息を切らして、その顔を歪めて。



『…君は残酷なことをするね…』


それは、僕を誘ってるの?


『ッ…なんの…ことだッ…』



ゆっくりと近づき、枢は零を見つめた。


『なんのこと…だって…?』



月明かりに照らされて、よりくっきりと、君の白い肌が見える。


君からはとても甘い香りがする。


そして君の僕を射抜くようなその瞳は、僕の欲を掻き立てるものでしかない―――



つぅ、と零の首筋に触れる枢


『ッ…触るな!!…?!!』


『だめ…無駄だよ』



耳元で低く、甘く、囁く。


枢を振り払おうとした零の手は、いとも容易く枢によって捕らわれた。


『は…なせッ…!!』


どんなに身をよじろうと枢から逃れる事はできない。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ