愛歌


[1件〜10件/全15件]
次の10件→

温もりに寄り添って
千鶴総受けに見えて実は平千。平助に頼まれたとある書を手に平助の部屋へ訪れた斉藤が間のあたりにしたものは…?

頬に触れる、それだけで。
一千。お前の側にいれるこのひとときが、何より愛おしい。

陽だまりの温かみ
平千。湯浴みを終えて寝床へ戻ろうとしていた平助は…。

語られる詩
総×千←歳。子守唄と評して千鶴を寝かせるため総司が持ち出したものは…。

揺る樹から落ちた羽根
一千。記憶というものは、曖昧で、いつしか美化される。だというのに、あの日の記憶は、鮮明で―――…。

記憶の迷走
平千。いつものように二人で仲良く過ごしていたら、ふいに千鶴が平助に問いを投げ掛ける。

雨音響き、睦言は囁かれ NEW!
一千。豪雨のなか、家に帰った一が見たものは…。

薄紅の桜に君を重ねて NEW!
総千。桜は、いつだって彼女を彷彿とさせる。

黎明に見ゆ夢に落涙す NEW!
一千。久々の休みの為に、二人で昼寝をしてしまうある日のこと。

香涼に映えし気高き花 NEW!
平千。梅雨の時期に体調を崩した千鶴に、平助は…。



[1件〜10件/全15件]
次の10件→

[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ