niji

□希求
1ページ/4ページ


雨が降っていた。

青く澄み渡る空は
黒く淀んだ灰色の厚い雲に覆われ


冷たい雨水が
頬を打った。


衣は濡れ重くなり、鮮やかな色はうっすらと濁る。


傘など持ち合わせていなかったので、着物を羽織り走った。


雨が降っていた。


小さな丸い木の橋に沢山の雨粒が叩きつけられる。


互いの衣の端が交わった。


振り返れば
ぽつん、と。


私が居た。


否。


私ではなく
私と同じような瞳をした
−−幼い迷い子のような瞳をした人が居た。




「…濡れるぞ」

そう言って羽織りを渡せば、頼りない揺れた視線と私は出会った。


そして
そのまま
私達は別れた。


確かに
何故か

惹かれた。


見上げれば朱く色づいた空。
雨は止んでいた。

次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ