original

□Last Word
1ページ/2ページ


      




「Last Word」






 緩やかに、重い紫煙が肺に充満する。
それと同時に、赤く燃え盛る炎も、鉄が焦げて噎せるような異臭も、悲鳴のような轟きも、全てが遠のいていく。

手足が痺れ、感覚が薄れていく。己の心臓の鼓動さえ、霞みかかって脳に届く。

鼻から紫煙を吐き出して、再び吸い込む。

何度も、何度も、それを繰り返す。

麻痺した脳は絶頂のような浮遊感を生み出し、体はそれを喜び、至福に脳も喜ぶ。
そうして、感情も己さえも消えかけ満足気に双眼を閉じた瞬間、不意に少女の声が聞こえた。それは、酷く懐かしく、酷く暖かい声だ。


―――リキ、忘れないでね。


―――大事なものをつかむ手はふたつしかないの。
だから、どんなに大切なものでもみっつめは捨てるしかないのよ。


そう己に諭した年長の少女の声が、脳裏に響く。


――― 一番大事なものは、絶対に離しちゃダメ。




ピクリと微かにリキは両手を動かした。




その声を覚えていたくせに、己はそれに背いた。

両手が一杯になってしまえば、己の足で、己の口で、強く掴みさえすれば平気だと思った。

己の意地もプライドも捨てられず、エオスへの羨望もミダスへの郷愁も何もかも大切だった。

浅ましく全てに縋りつき、そして、失った。

大切なモノの重さを理解せず己の未熟さを忘れ、気づいた時には、あまりの痛さに支えきれず、己から滑り落ちていったのだ。


それを掴む気力も体力も、それすらもなかった。


今、この手には何もない。


ミダスも、エオスも、チームも、ガイも。
『リキ』自身も。

何もない。

スラムの雑種ですら、人間としてすら、存在していない。



―――間違えないでね、リキ。
   


リキは気怠そうに閉じていた瞼を上げて、光彩を放つ黒々とした瞳で、小刻みに震える『何もない』腕を見つめた。

炎により照らされ、動く影が見える。ブラック・ムーンを含む灰が、ぱらぱらと微かに掌に落ちた。既に熱さを感じない。

微動だもせず、囚われたかのようにそれから視線を放せずに、リキは呼吸を続ける。



――― 一度捨てたものは二度と手に入らないんだから。



不意に手首を動かして、まだ意識的に動かせることを確認すると、その手をそっと隣に置いた。硬い感触が掌から伝わり、すぐに床とは違う感触を探り出して、手を止める。

冷たく、硬く、けれど、なぜか温かさを感じるそれを、リキは強く握りしめた。既にそれは、通常の半分にも満たない力でしかなかったが、それでも、強く、きつく、渾身の力で掴んだ。



決して、放さないように。
失わないように。



(あぁ、分かってる。アイレ。)



何もかも失ってしまったのならば、身軽になったこの手で、たった一つを掴むだけだ。



(絶対に――――離さねぇ…。)




何もない、両手で、両足で、口で、己の全てで。

それがどんなに重く、辛く、痛いモノでも、絶対に離れないように。



小刻みに震えるそれを、冷たく、硬く、けれど暖かい何かが柔らかく触れた。それが何であるかを理解すると、リキは口端を上げて再び瞼を落とした。暗闇に浮かぶのは、目の前の赤さではない。

己を掴む暖かさに促されるように、リキは口を動かした。







「    。」








轟音が響く。


朦朧とし、全ての音が遠のいた脳に、その音は届かなかった。









●END●

→あとがき

次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ