original

□三世之縁(さんぜのえにし)・前半
1ページ/3ページ

何が起こっているのか、解らなかった。
先程まで。つい先程まで、いつも通りの日常が繰り広げられていたというのに。

「―――」

形容し難い声が、酷い臭いと鮮血と共に口から零れる。そして、そのまま女性は畳の上に倒れ、ピクピクと痙攣をしたかと思うと、そのまま静かに動かなくなった。
腰まで流れていた長い黒髪は、無造作に散らばり、表情を隠している。しかし、見えなくて良かったのかもしれない。その造作の良かった面(オモテ)は、驚愕に彩られ、瞳孔は開ききり、穴という穴からは汗と涙と血が流れている。
翔(カケル)の母だった。
母の両胸の中央よりやや左側に刺してあった日本刀が、ずるりと抜かれる。
白銀に光る刃は、今は真っ赤に染まり、異様な輝きを見せていた。

「…ぁ…」

小さく翔は戦慄く。口は小刻みに震え、膝は笑って立っていられるのが不思議なくらいだ。

「翔。」

重みのある質の良い声音が名前を呼ぶ。
翔は母だったはずの眼の前にある女性から目を離し、刀を持つ男に視線を移す。

「…と…さ、ん…」

刀を持ち、うっすらと笑みを浮かべて翔を見つめるのは、翔の父だった。

(なんで―――っ)

何が起こっているのか、解らない。

翔はキョロキョロと瞳を忙しなく動かす。
どこを見てよいのか、何を見るべきか、何をするべきか。
解らない。
そして、動かせば動かすほど、信じたくない現実が容赦なく襲ってくる。

柔らかな朝日が差す10畳の和室。
まだ暖かな一汁三菜たちは炬燵と共に倒れ、所々に散らばる。
畳や障子、座布団、箪笥(タンス)などの家具は赤に色付けされている。
どくどくと、切りつけられた喉や胸、手足から血を溢れさせ倒れる母。
母を刺した刀を持ち、艶やかに微笑む父。

「翔。」

放心状態にいる翔に、父はもう一度声をかける。
父は、いつものように微笑んでいる。しかし、それが怖かった。
一体、何が父をこんな風に駆り立てたんだろうか。そんなことが翔の脳裏を掠めた。
不意に、父は事切れた母の上を跨ぎ、翔に近づく。裸の足の裏は、べっとりと血と髪がくっ付いている。それは不快でしかないはずなのに、微塵も表情を動かさず、父は翔の前に立った。
成長期である翔よりはやや高めの位置から、黒の双眼が射抜く。
がくりと、腰が抜けた。
腰から頭の天辺まで鈍い痛みが突き抜ける。それに咄嗟に目を瞑るが、父から視線を離すことが出来なかった。それを見ると、フッと鼻を鳴らし父は笑う。そして、右足を引き、振り返ったかと思うと、右手にある刀を乱暴に母の身体の上に投げた。
金属音と重音と、そして、身体に打ちつける痛々しい音が混ざりあって、翔の耳に届いた。

「――っひ―」

いきなり腕を掴まれる。ぐいっと立たされると、ワイシャツの襟を掴まれ、再び畳の上に戻された。

「っぅ…」

畳の上とはいえ、後頭部をおもいきり打ちつけ、脳が揺さぶられ、目の奥が白く光る。嘔吐感とぐらついた視線に呻く。続いて、布を引き裂く音が聞こえたかと思うと、不意に生温かいざらついた感触が皮膚の上を這いずり回った。

「――――――っ」

翔は息を飲んだ。
頭を上げて見てみれば、唾液まみれでてらてらと光を反射する赤い父の舌が、翔の臍から胸までを舐めあげていた。その感触を味わうように、ゆっくりと丁寧に、一本線を描いて。

「っめ、ろ―――っっ!!」

気持ち悪さに、力の入らなかった手を叱咤して無理矢理振り上げた。父の頬に勢いよく入り、バシッと音がなる。じんと痛む手がリアルにその感触を伝えた。
怯んだ相手の隙をついて、翔は上半身を回転させ、父の身体の下から抜け出そうとした。必死になって逃げようとするが、冷静さを失っているせいか、うまく身体が動かせない。しかし、漸(ヨウヤ)く離れられそうになった時、足首を掴まれ、力任せに同じ場所に戻される。引きずられ、シャツが肩の方まで上ると、父は素早くそれを翔の手首まで持っていき、そこをきつく縛る。あまりにきつくて血流が止められたように感じた。

「ッ――父さ、―――っ」

縛られた両手を畳に縫い付けられ、首を舐められる。
ぞわっと全身に鳥肌が粟立つ。
気持ち悪い。
柔らかい粘膜が張り付く。
渾身の力で身体を動かし、抵抗する。さすがに同じ様な体躯の男の抵抗を受けるのは大変なのか、煩わしそうに父の眉間は歪んだ。すると身体を反転させられ、うつ伏せにされたかと思うと、その上に馬乗りに乗られ、抵抗し難い体勢に持ち込まれる。
再び、愛撫が始まった。
項(ウナジ)をねっとりと舐めあげられる。音を立て吸われ、小さな痛みが走った。
片手で翔の頭を押さえつけて、もう一方の手で胸、腋(ワキ)、腰周りを撫でる。皮膚の上を温もりのある少し湿った手の平が進んでいく。

「――どうしたんだよっ!父さんっっ。やだ。止めてくれっいやだぁあっっ!!」

喉の奥が痛くなるほど、翔は叫んだ。目を瞑って、現実を否定する。それなのに、耳元で囁く「翔。」という自分の名を呼ぶ声に、手の平の感触に、縛られた手の感覚に、畳の臭い、噎せそうなほどの鉄の臭いに、引き戻される。

「やだ、・・・ぃや、だ、ぁ」

それでも信じたくなくて必死になって否定する。
手の平が、翔の中心を舐(ネブ)った。息を飲む。身体が震えた。

「っく、ぅ、ん」

唇を噛み締める。強く強く瞳を閉じる。
どんなに嫌悪していても、男性としての身体が生理的な感覚を呼び覚ます。強弱をつけて竿を擦られ、双玉を握られる。身体が跳ねる。

「翔・・・」

呼ばないでくれ。

その声を聞きたくない。その言葉を聞きたくない。

『誰』がこんなことをしているか、嫌でも意識させられるから。
『誰』がこんなことをされているか、嫌でも思い知らされるから。

ぬるり、と生温かい粘着質な感触を、触られている指を通して直接に感じる。
笑う声が聞こえた。

「・・・ち、がぅ・・・」

喉から搾り出すように言った。しかし、それが余計に惨めで情けない。

「翔・・・、一度吐き出そうか。苦しいだろう・・・?」

愛おしいそうに言う。
声音は、優しくて、柔らかくて、とても平坦で。残酷だ。

頭(カブリ)を振る。パサパサと髪が畳みに打ち付けられる音がする。
翔のソレは既に張り詰めていて、父の手を濡らしていた。身体は熱を放出したくて仕方がない。けれど、それを上回る嫌悪感と羞恥が生理的欲求を拒絶する。
どうしても嫌だ。
なのに、大きな手が髪を掻き分け耳元に唇を寄せて、「大丈夫」と息を注ぎ込むと、その手は上下に激しく動き出した。

「――っっ、ゃめ、て、くれっ―――!」

息が荒くなる。
眼の前がスパークする。
快楽がのた打ち回る。

「――――っく、―」

全身から力が抜けた。
小さく開けた口で息をする。しっとりと汗ばみ、熱くなった身体は浮遊感に喜ぶ。手足はピリピリと痺れている。
不意に、後孔に異物感を感じた。

「―――?!」

痛みはないが、圧迫感に翔は瞳を開く。
反射的にキュッとそこを締め付ける。長く関節の張った指だと、翔はそこで気づいた。
ずるずると指が浸入してくる。
全て収めると、ゆっくりとそれは排出される。
解放感に固まった肩が安堵する。しかし、再び、それは同じ場所に戻った。
圧迫感。
解放感。
そこは快楽を求める場所ではなく、到底そんなものが得られるはずがない。

「…な、…なに、な、…・・」

一度ふやけた頭は、冷水を浴びたように冷たくなり、現実を理解しようとし始める。
指が抜かれた。
硬く暖かい、指よりも断然大きい物体が代わりに宛(アテ)がわれる。
翔は、至った考えに、絶望した。

「ぃぁああっ」

声にならない叫び。

「ぃ、っひ―――っ」

身体を割って入ってくる。
物凄い圧迫感に、胃が、心臓が、口から出てきそうだ。喉の奥がひくつく。
熱くて、熱くて。
腸の中が埋まっていく。ぴったりとその形にそこが変化していく。

「・・・っぅ、く・・・」

生理的な涙が、目の淵に浮かぶ。
身体は強張ったままで、爪は畳を掻き毟っていた。
全て、収まる。
息を吐き、どうにか嫌悪感を払拭しようとする。だが、背中にじんわりと暖かさを感じたかと思うと、嘲笑うかのようにそれは動き出した。

「―――ぃあ、・・・ゃ、く!!」

まるで、腸が引きずり出されるような感覚に、翔は戸惑う。その中に、ピリ、とした痛みを感じ、後孔が切れていることを知った。

おもいきり引きずり出され、おもいきり打ち付けられる。
その行為に、優しさなど、ない。
翔の身体を、心を、傷つけるだけの行為だ。
けれど、弱いところを責められ、中心を握られれば、身体だけは原始的な欲求に震え、畳を濡らし、異物を締め付ける。締め付ければ、そこになにが入っているのかをしっかりと確認させられ、それもまた、翔を苦しめる。

「ん、ふ、・・・っ、ぅ、・・・」

止まらぬ涙。
揺さぶられ、飲み込めない唾液が口元を濡らす。
音がする。
畳の擦れる音が。甲高い衝撃音が。空気と液体が混ざり、気泡が割れる音が。粘着質な音が。
父の息遣いが。声が。

「・・・は、は、ぁ、は、ぁぁ、ぅっ――――――――っっ!」

尿道口に爪を立てられ、強く腰を打ち付けられ、翔は二度目の絶頂を迎えた。その衝撃で、無意識にきつく男のソレを締め上げた。

「っ―」

意識を手放す前に聞いたのは、耳元で息を詰める音。

「ショ、ゥ―――ッ」

その声は、届かなかった。









次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ