俺達の絆

□2日目
1ページ/5ページ

さっそく、朝ひ…じゃなくって夕日テレビ局に入った。 

「君キミ!勝手に楽屋の通路の方にいっちゃダメだよ。」

「あっ、いや俺は…」


「俺は嵐の相葉だ」って言い掛けたけど、今はそんな人物存在しない。
俺は今は、一般人の相葉雅紀だ。

楽屋に行こうとしたが、受付まで戻されてしまった。


(どうやって、…矢野健太のとこに行こう?
こんな時、皆がいたらどうするんだろう?)


俺は大きなため息をついた。


『相葉ちゃん。どうするつもりなの?』

「…んだよ…誰のせいでこんなことになってると思ってんだよ。

俺は…普通にみんなと嵐やってきただけなのに…」


なんで俺だけこんな目になったんだよ。
俺だけ独りじゃんかよ。
みんなは、他の人生やってるのに俺だけ独り…。


夕日テレビの近くの河原で嘆いてると、後ろから足音が聞こえた。



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ