平和の星

□銀河に願いを「宝探し編」
2ページ/6ページ

オープニング



伝記『ヒト族の戦い』

著者…クラーク・アレックス



あるところに、ある星がありました。

その星には、"ヒト"という生き物が支配していました。

"ヒト"は、とても頭が良く、尊く、素晴らしい生き物でした。

ある時、その星に何かがやって来ました。

それは魔族というものでした。

魔族は、おぞましい姿をしており、奇妙な笑い声を上げ、気味の悪い魔法を使いました。

"ヒト"たちは、魔族はここにいるべき存在じゃないと思い、追い出そうとしました。

しかし運悪く、それが魔族の怒りに触れ、暴れ出してしまいました。

多くの"ヒト"が死にました。

残る"ヒト"が、数十人だけになってしまった時、その中から、一人の"ヒト"が立ち上がりました。

その勇気ある"ヒト"は魔族の力を利用して、魔族を封印することに成功しました。

しかし、そのためには人柱となる者が必要だったので、勇気ある"ヒト"は自分を人柱にしてしまいました。

多くの"ヒト"が死に、魔族は封印され、勇気ある"ヒト"も消えて、残ったのは数十人の"ヒト"と魔族によって荒らされた星だけでした。

残った"ヒト"は、この尊い一族を絶やさないために、宇宙へと旅立ちました。


こうして、"ヒト"は世界へと拡がりました。







 
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ