平和の星

□泉にて巡り逢わせ
2ページ/14ページ

弟十五話『こんな性格だったっけ?』



さっきバラバラにした主砲や、床も、羽みたいなのも、戦艦そのものが消えていた。
戦艦の名前も、いつの間にか思え出せなくなっている。

これってやっぱり、あの城が消えた時と同じ…。


そんなことを考えながら、小石のようにまっしぐらにカービィは落下していた。

ということは、船に乗ってたみんなも
消えた?
でも…ケケは?

あ、でも名前覚えてるってことは…


その時、急に落下が止まった。まだ地上から随分と離れているところだ。

カービィは突然のおかしな現象に目をみはるしかなかった。

「な…なな…」

「アンタ何してんのよ?」

上からそんな声が聞こえる。カービィは逆さになったまま固まった状態で、精一杯上を向こうとした。

「あれ…ケケ?無事だったの?」

ケケを乗せた箒はゆっくりと降りてきた。

「まぁね。でもびっくりしたわよ…アンタが入って行ったドアが、いきなり爆発したんだもん。しかも艦も 急に消えるし…」

すると、ケケは浮いてる状態のカービィの足を、ガッと掴んだ。

「てゆーか、アンタ、飛べるんじゃないの?なに砲丸みたいに落ちてんのよ。死んじゃうわよ?」

突然落下が停止したのは、彼女の仕業だったということを、カービィは察した。

「大丈夫だよ。僕の体は餅みたいにやわらかいからね。砲丸みたいにはならないよ」

「…あ、そ」

そのままカービィは、箒の上に乱暴に乗せられた。そのせいで、危うく箒から落ちそうになったため、慌ててケケの髪を掴んだ。

「イタッ!なにすんのよ!」

「そ、そっちこそ!危ないじゃんか!」

「大丈夫よ、あのくらいで落ちそうになるアンタが悪いから」

「何それ!?」

「ああ、もう!そんなことはどうでもいいのよ!アイツはどこよ!あの、スピッツとかいうヤツ!」

ピリッツだけど…

そう思いながら、カービィは夢の泉の方を指差した。

「…泉?…あぁっ結界壊れてるじゃない!こうしちゃいられないわ。カービィ!」

「なに?」

「しっかりつかまっててよ…!」

そう言った途端、二人を乗せた箒は突然猛スピードで泉の方に突っ込んで行った。









サラサラと流れる水。
光り輝く粒子。
虹が少し見える。
この泉に足を踏み入れた途端、体がその虹に包まれるような感覚がした。
水が流れている床の上を、数歩、歩いてみる。その度に、パシャパシャという音と、そのせいで散る水しぶきが光り輝いていた。

不思議なもんだ。憎しみに縛られているこの体も、こんな感覚が持てるなんて…

ピリッツは上を見た。その目の先には、目的のスターロッドがある。
こんなものがあっては、この星を消すことができない。

復讐を果たせない。


彼はスターロッドがある台座までジャンプした。
もう、目的は目の前だ。

これを折ったら、この星は終わる。

ピリッツが蹴ろうとしたその時だった。

「ピリッツ!!!」








「見えた!台座の上にいるわ!」

ケケはそんなことを叫んでいる。だが、カービィの耳には入らない。
余りの速度による風の音で聞こえないからだ。

「えぇ?なんていったぁ!?」

カービィは大きな声でそうきいた。

「だぁかぁら、台座の上にアイツがいるってーの!!」

ケケはこの速さに慣れているため、カービィの声が聞こえたらしい。
だが、慣れてないカービィはやはり聞こえず、

「はぁっ?なんていったぁ!?」

苛々してきた彼女は、カービィの頭を掴み、

「とっとと行けぇっ!!!」

と言ってピリッツに向かって投げた。

「えぇええぇえぇえっっ!」

叫びながら、カービィは泉の台座の上にいる人物がはっきり見えだした。
あれは…

「ピリッツ!!!」



 
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ