テイルズオブフューチャー異世界の旅人

□テイルズオブフューチャー異世界の旅人第二話〜異変〜
2ページ/8ページ


そこでつかさず、ルーティが瀧風達に聞いてきた。


「あいつらはソステイルって呼ばれてる。よく人を襲うんだ」
「瀧風は何でその事知ってるんだ?」
「そりゃ見たことあるからじゃないのスタン。よく考えなさいよ」


ルーティに普通に突っ込まれた。
ああ、とスタンは声を出して瀧風の方へ向きなおす


「もうちょっと詳しい事教えてくれるかな?」
「ああ。あいつらソステイル達は、さっき見たように人を襲う奴等なんだ」
「人を襲って何の意味があるんだ?」


瀧風はつかさず困った顔をし、首を傾げた。


「解んない。あいつらソステイルは何をしたいのかまったく解らないんだよ」
「うーん瀧風でも解んないのか…」


瀧風はため息をついて、また困った顔をした。


「ソステイル達はさっき見たように集団で行動する。しかも一体でもいれば必ず居るんだよ、かなりの量のソステイルが……多分他の街も襲われてるかもしれない」


その言葉を聞いたスタンとルーティは絶句した。


「ま、まてよ。ソステイルってそんなにすごい量なのか!?」


スタンが慌てながら聞いてきたが瀧風は首を横に振り、告げた。


「なぜか絶対的に居るんだよ、あいつらは。それとスタン、ルーティ」
「な、何だ?瀧風」
「明日、もちろんだけど、ここを出るよ。てか旅を続ける」
「じゃ、じゃあ!俺も!」


馬鹿か? と思わず瀧風は口に出していた。スタンはカチンときたのか顔をしかめた


「何だよ!!その言い方!」「あんたが来たら、クレスタはどうなる?」


鋭く指摘されたスタンは悔しさから、俯く


「でも……仲間が心配だし」
「はぁ…だったら手紙か何か渡してくれ、その仲間に渡すからさ」


瀧風のその言葉にスタンは明るくなった。
スタンは瀧風の手を握り、ブンブンと鳴るかの如く、手を振った。



「ありがとう!早速手紙書いてくる!」


そう言うとスタンは孤児院に戻って行った、と思ったら止まった瀧風は近づいて


「どうした?スタン」
「いやな、あいつらと戦う事になるし武器どうしようかなって……あ〜あディムロスがいればなぁ」
「そうよね〜アトワイトがいれば、楽にはなったでしょうけど、無い物ねだりね」
「聞くけどさ、そのディムロスとかアトワイトって誰?」
「ディムロスとアトワイトはな、ソーディアンなんだ」


瀧風は首を傾げながら、聞いた事あるな、と呟き


「確か人格がある武器だっけ?うん聞いた事ある」
「よく知っているな〜」
「……え〜とそのディムロスとアトワイトだっけ?復活できるよ」


二人は瀧風の思わぬ台詞に少し混乱しながら


「え、出来るのかそんな事?」
「ああ、出来る助けてもらった礼と泊めてくれる礼だ」




.
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ