テイルズオブフューチャー異世界の旅人

□テイルズオブフューチャー異世界の旅人第一話〜始まり〜
2ページ/4ページ


「「あっ!!」」


二人はスライディングをし、放物線を描く紙袋を見事キャッチした。瀧風は金髪のロングヘアーの人に紙袋を渡して頭を下げた。


「すいませんでした!ぶつかってしまって!」


瀧風が謝るなか、金髪のロングヘアーの人は紙袋の中を見ながら笑う。


「いいんだよ。中も平気だったからさ、気にしなくて」


ほっと安心した瀧風は息を漏らす。


「あ、君もし良かったらちょっと手伝ってくれるかな?」
「はい、良いですよ。ぶつかっちゃった事もありますし」


その人は瀧風の返答に苦笑に近い笑顔をしながら。


「その事はもういいのにでも助かったよ、この他にまだ買う物はあるからじゃあ行こう」
(ずいぶん明るい人だなぁ)


先を歩く青年を追うように、瀧風は駆け出す。
買い物が終わった後……


「あ、自己紹介まだだったね俺の名前はスタン・エルロン。よろしくな」

「俺の名前は瀧風です。よろしく」
「あれ? それだけなのか? 名前」
「昔はありましたよ、下の名前が。でも今は記憶と共に消えたんです」


瀧風は苦笑しながら、スタンに伝えるが、その言葉がスタンの頭から『?』が出てきてのは言うまでも無い。


「うーん……まあいいか帰ろう、ありがとな瀧風」


スタンの言葉にピクリと瀧風は反応する。
そして──頭を抱えて空を見上げた。


「ああぁぁーっ!!!」


瀧風が大声を出したため、スタンは驚きながら。
平気か? と訪ねたが瀧風はポカーンとしていた


「宿に行くの忘れてた…」


そう、瀧風は宿に行くのをすっかり忘れていたのだ。(犯人はおばさん)魂が抜けたような感じの瀧風にスタンは手をポンと叩いた。


「そっか、じゃあ孤児院に行こうよ」
「へっ?」


瀧風は唖然としていたが、スタンは笑顔だった


「俺が住んでいる所だよ、一人や二人だったら大丈夫だと思うけど…」
「えっと俺を含めて三人なんですけど大丈夫ですか?」


スタンは首を傾げながら
まぁ大丈夫、と瀧風に伝えた


「解りました、じゃあ呼んで来ます」


瀧風は了解して走り出す、途中で瀧風は急ぎ過ぎて足をもつらしてこけた。


「不運だ……」


どこぞの主人公の口癖に良く似たセリフを残して瀧風は走る、サイクスと咲に合流するため。
しばらくして…




.
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ