novel

□Animality Conversation
1ページ/2ページ

鮫「イタチさんイタチさん!!」



イ「………………。」



鮫「……あれ?イタチさん?」



イ「………………。」



鮫「…え?ちょ、え?イタチさん?ちょっと?」



イ「………………。」



鮫「え、ど、どうしましょうか……イタチさんが黙っていると対談もへったくれもないんですが………。」



イ「チッ……。」



鮫「ぇえ!?ちょっ、今舌打ちしましたよこの人!?なんでですか!!私なんかしましたか!?」



イ「うるさい、愚鮫が。というか日本語でしゃべれ。鮫語は分からん。」



鮫「鮫語!?なんですか鮫語って!!そんなの私も知りませんよ!!!」



イ「だから俺にも分かる言葉で話せと言っているんだ。話せることは知ってるんだ。」



鮫「そこでフリーザ様のパクリ!?」



イ「天照!!!!!」



鮫「ギャァァアアアァァア!!!!!」



イ「愚かな……。」



鮫「な……なんでですか……。」



イ「パクリとか言うな。」



鮫「え、そこですか……あっ、すいません何でもないですだから写輪眼やめて下さいごめんなさい。」



イ「月読!!!!!」



鮫「ピギャァァアアァァアアァ!!!!!」



イ「フッ、頭上のワカメを強奪される幻覚で滅びるがいい、魚鮫よ。」



鮫「な……なんでですか……。謝ったじゃないですか……。」



イ「なんかイラッときた。」



鮫「えぇーー………そういう理由………?」



イ「(無視)」



鮫「あの……なんか反応して下さいよ、攻撃以外で……。」



イ「(シカト)」



鮫「“無視”も“シカト”も同じじゃないですか……ちょっと変えたからってどうにもなりませんよ……私と話してくれなきゃ対談が成り立たないじゃないですか……。」



イ「大丈夫だ。この無視やシカトだけで俺と貴様の会話は成り立っている。」



鮫「ちょっ、それは会話とは言いませんよ!?」



イ「黙っていても鬼鮫は俺の言いたいことが分かるのだから。」



鮫「え!?分かりませんよそんなこと!!!」



イ「は?分かれよ。」



鮫「そこ命令なんですか……((涙。」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ