novel

□暁の恥ずかしい事暴露大会
1ページ/4ページ

サ「サソリだ。この新しく企画された小説っつーかゴミの司会は俺とデイダラの芸術コンビが担当することになった。わりと普通に突っ込みできるかららしい、水織曰く。」



デ「うーんうんうん!!司会にこのオイラ+αを選ぶとは、ごくまれにいい奴だな水織、うん!!」



サ「ぁあ!?誰が+αだこの粘土小僧が!!マジに殺すぞ!!!」



デ「ギャアアァァアア!!!すいませんでした、うん、調子ぶっこいてました、うん、旦那なめちゃってました、うん、頼むからマゲはやめてください、うん、てゆーかオイラ……」



サ「うんうんうっせーわクソガキ!!!ソォラァ!!!」



デ「ヒギャアアァアアァァアア!!!!マゲがァァァアアァ!!!オイラのマゲっ、マ…ま………。(シクシクシク)」



サ「この企画は暁メンバーの、誰にも言いたくない、人生でものすごく、すさまじく、かつ『うっかり目撃者を殺っちゃっうとこでした』ぐらい恥ずかしい話を暴露していくってモンだ。まんまだが、それは管理人水織の極度の面倒臭がりのせいだから、俺のことは責めるな。証人は緋菜だ。で、暴露していく順番はもちろん俺が決める。じゃーとっとと始めんぜ。一番手イタチ。」



イ「……何で俺なんですか。」



サ「面白そうだからだ。」←即答



デ「オイラも知りたい、うん。」



鮫「立ち直り早ッ!!」



デ「クックック、こんなこともあろうかと、幻術をかけておいたのだァァアァア!!!だからマゲはくっついたままだぞ、うん。」



イ「俺、一番は嫌です。ナンセンスです。愚鮫がやるべきだと思います。」



鮫「Σえぇ!?」



サ「ダメだ。奴は日頃から恥ずかしい事ばっかりやってるからな。キリが無い上に日常茶飯事だから面白くねぇ。つーかアレは存在そのものが恥ずかしい。」



デ「うーんうんうん!!!」



鮫「Σ酷っ!!」



イ「えーーー………………。」



小「そんなに嫌なら告げ口式にしたらどうだ?」



イ「Σ!!」



サ「あぁ、その方が良さそうだな。」



デ「それで行こうぜ、うん!!」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ