novel

□暁の日常 vol.2
1ページ/10ページ

ペ「〜♪あーかーつーきの にーぃちーじょーお〜〜
    そーしーてハーゲーネータ〜〜〜☆」


小「ペイン………こっちに来て。怒りが来たわ。」


ペ「Σえ!?俺まだ歌っただけなのに!!」


小「チィッ、全身穴だらけ男が。そこは原作通り“分かった”だろうがァ。」


サ「キャラ変わってるぞ。」


小「いいじゃない。vol.1でイタチもムスカだったわ。」


デ「つーかクソリーダー!!『あ○しンち』の作者様に謝れ!!うん!!あんなに有名で芸術的な歌でハゲネタとかほざきやがって!!うん!!」


飛「しかしよォ、『○たしンち』のお母さんの顔、ヤベェよなァ!!俺前から思ってた!!」


サ「剃っちゃあ生えてくるお前のがよっぽどバケモンだソォラァ!!」


<ジョリィ!!>


飛「気持ちいい―――!!」


<モサ―――>


デ「振り向きざま!?」


角「オ、オイ、イタチ、目を………目を輝かすな!!」


イ「頭じゃないからいいだろう。」


鮫「そういう問題じゃないですよ!!」


イ「愚鮫が…ツックヨミャアアァァア!!!」


鮫「メキャアアアァアァアアァア!!!!」


イ「フッ……次はお前だ飛段。」


飛「ハァァアア!?お前がハゲろっつの!!」


角「…お前は剃っても生えない………。」


イ「フッ……アマッテ…」


小「イタチ……まさかvol.1と同じネタを使う気なの…?そんな低レベルなギャグ小説はいらないわ………。」


イ「すみませんでした…。」


ペ「あ……その“ネタ”の話なんだけど………。」


小「どうした?」


ペ「俺達ちょっとvol.1ではしゃぎすぎて、あんまりいいネタがもうないんじゃないかと思うんだ。」


小「ハッ。」


ペ「Σ!!」


デ「……酷いな、うん。」


サ「上下が丸っきり逆だよな。」


小「全く、これだから馬鹿は。ネタ?そんなものはデイダラのように吐いて捨てるほどあるわ。」


角「ただの漢字変換ミスかと思ったら“デイダラのように”って言ってるからわざとだな。」


デ「ひ、酷いな…うん……。」


飛「ゲハハハハァァアア!!かわいそーだなァ、デイダラちゃんよォ!!」


デ「喝―――!!」


<ボォ――ン!!>


飛「快☆感――――!!」


<モサ―――>


鮫「叫びがアレンジされてますね………。」


イ「お前もだろう。試すか?アマッテラッサアアァァアア!!!」


鮫「ヘバァァアアァァァアアァア!!!!」


イ「ナンセンス……。」


サ「仕組んだクセによ……クク。」


ペ「今みたいな小ネタはあっても、テーマになるようなネタがあるの?」


小「馬鹿野郎が。もう伏線は張ってある。」


ペ「Σえ!?」


サ「なんだ、リーダー気付いてなかったのかよ。」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ