novel

□暁の日常 vol.1
1ページ/3ページ

ペ「暁の日常…それは誰もが少なからず興味のあることではないだろうか。」


ゼ「ハ?何言ッテンダ頭大丈夫カ?」


小「放って置きなさい。ペインはいつもああだから。」


イ「ナンセンス…。」


デ「ていうかみんなー、聞いてー、うん。なんか冷蔵庫の中身が
ないんだけどー、うん?」


サ「俺には関係ねぇな、クグツだから。」


イ「なんだとっ!?団子は!!?」


ペ「ジュースは!!?」


小「アメは?」


ゼ「肥料ハ?」


サ「アイスはっ!!?」


デ「何もないぞ、うん。でも小南、アメは棚の方にあったと思うぞ、うん。そんでもってゼツ…え?肥料?…って関係ないとかほざきながら必死な顔で”アイスはっ!!?”じゃねぇよ旦那ァァアアァア!!!うん。」


小「あぁ…棚に。ならいい。」


デ「いいんだ…というかアメは普通冷やさねぇと思うぞ、うん…」


ゼ「肥料モナサソウダナ…マァイイ、光合成スル。」


ペ「それよりジュース〜〜 小「死になさいペイン」うっ。死ねって言われた…うっ。」


デ「ウザイな…うん。」


イ「………………。」


サ「チィッ、アイスもねぇのかよ。こりゃあ鬼鮫を行かせるしか…ん?どうしたイタチ、静かだな。キモいぞ。」


イ「…ナンセンス…団子がないなんてナンセンス…生きていけないアマッテラッサーツックヨミャー…」


飛「ゲハハハハァァ!!イタチが壊れたゼェ!!裁きに違いないなぁ!!」


角「黙れ飛段。というか何もないなら冷蔵庫のコンセントをさっさと抜け。節電しろ。」


鮫「アレ、いたんですね二人とも。」


デ「おまえこそいつからいたんだよ!!?うん。」


鮫「え、最初から…」


サ「どうでもいい。アイス買って来いアイス。」


ペ「ジュース買って来い。リーダーとして失敗は許さん。」


イ「団子を買って来い。さもなくばフカヒレスープだ。」


ゼ「肥料。」


飛「ジャシングッズだろォ!!」


角「死ね、飛段。」


飛「ゲハハァ、無理ー!!」


デ「食料忘れんなよ、うん。」


鮫「なっ、何で私が!!嫌で…」


小「私達の頼みを断る言動は塵に等しい。あなたは暁の下僕に等しいのだから。」


鮫「ひっ、酷いですよ…。」


小「…うるさいわね…サソリ。」


サ「ソォラァ!!」<ジョリィ!!>


鮫「ウギャアアァアアァア!!!」


ペ「え…しきるのは小南なんだ。」


小「また私を呼び捨てにした…ペイン、あなた…。」


ペ「ススススススイマセンでしたァァァ!!」


ゼ「絶対王政ダナ。」


鮫「うっ…うっ…酷いですよ…うっ…。」


小「見苦しいわ…イタチ」


イ「フン…愚かなる鮫よ…これから72時間頭のワカメが落ち続ける空間を彷徨え。」


鮫「ピギャアアアアァァアア!!」


ペ「エ、ちょっ、今”見苦しいわ”って、ねぇ…」


小「…デイダラ」


デ「喝ーーー!!」


ぺ「髪がァアアアァア!!!」


小「ペイン…いい加減にしないとそのピアスを引きちぎる。」


ペ「ヒィィィィスミマセンでしたぁ!!」


デ「もはやリーダーじゃねぇな、うん。」


サ「髪も減ったしな。」


デ「旦那も前…いやなんでもないぞ、うん。」


イ「そんな事より団子だ魚類。」


鮫「え、酷…イヤ!!何でもないですごめんなさいお願いだから小南さんこっち見ないで下さい凝視やめて下さいポーカーフェイスしないで下さいすみません買ってくるんで!!めっちゃ買ってくるんで!!」


角「ふざけるな!!そんなに買わなくていい!!暁は金欠だ!!これ以上赤字を出したら殺す!!」


鮫「すいませんでしたァァアァアァ!!!!えっと、安くかつ美味かつ腹がふくれるものとリクエストされたあもの買ってきます!!」


<鬼鮫退場>
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ