それからぁ〜

しばらくして、飲みに行ったりさ、海も山も街も色々行ったなぁ。語ると、本当にマヂメでさ。家庭が離婚しているカラ、余計に考えるみたぃ…でも、それも彼女を造った環境だから、なんか応援してあげたくなってさぁ。お泊りもあったケド、何もなぃょ!ウチも不仲な嫁いるから、不倫ゎ相手の為にならなぃでしょ?
変なトコでマヂメなオレもいてさぁ。でも、コイツの為に手を出さないオレがいる事ゎ、かなり自分に自信がつぃた!感謝したなぁ。
まぁオレも年上的なアドバイス出来たみたぃで、相手もホントがどーかわからないケド喜んでくれた。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ