アンコ詰め合わせ

□恐怖はすぐ側に。6
1ページ/8ページ


『何を焼いてるんだ?』

『できてからのお楽しみ☆』


ワイワイと談話しているメンバーの輪の外で、青白い顔をしてうつむいている男が一人。

『…アンパンマンどうしたんだい?
気分が悪いなら僕が添い寝してあげ『黙れ近づくな。
……ところでショクパンマン。お前まだガスマスク持ってるか?』

生気のない声で語りかけるアンパンマン。

『あぁ、あるけど?』

『それ…よこせ。』

言うが早いか、ショクパンマンの持っていたガスマスクを取り上げる主人公。


『???』

程なくして。




【チーーーン】



『あ☆出来たみたい!!』

ウキウキとオーブンに駆け寄るメロン。

『……っ!!!!!!
ば、バタ子さんっ騙されたと思ってガスマスク付けて下さいっ』

『はぁ?何を言って…』

『いいから早くっっ』

切羽詰まった表情で、バタ子に耳打ちするアンパンマン。

『俺、メロンパンナちゃんの手料理食べるの初めてだぜ♪』
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ