アンコ詰め合わせ

□恐怖はすぐ側に。5
1ページ/7ページ



『アンパンマンの?まさか!!お前頭おかしぃんじゃねぇ?』

『実はガスマスクに穴が開いていて、ちょっとずつこの殺人的臭いを吸ってて、おかしくなったとか?』

『いや、長い事会ってないから禁断症状だろ』

みんなはどうあっても僕が狂ってる事にしたいらしいね。
でも残念。本当に聞こえるんだよ。』


ショクパンマンの指差す所……
キッチンのドアを凝視しながら耳をすませると…


『お兄ちゃん☆大丈夫〜?』

『ぅっゴフッ…ガフッ』


何やらアンパンマンが重症のご様子。

そうとわかって黙っていられないのが約二名。

『今度こそ本当に助けに来たよ!!マイハニーィィッ!!!!』

『丁度いいっ!!留めをさしてくれるっっ!!!!!!』

【バァァンッ】


勢いよくドアを開けるとそこには
床に倒れ込むアンパンマンと、意気揚々に料理をしているメロンパンナ。
危険物どころか敵もいない。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ