アンコ詰め合わせ

□恐怖はすぐ側に。4
1ページ/5ページ



『……なるほど。』

『つまり、バタ子もこの臭いの正体は知らないと。』

『ええ、ごめんなさいね。ところでうちの愛犬が未だに目を覚まさないってどゆ事?』


チーズはガスマスクを付けているにも関わらず、ぐったりとしている。
だらりと放り出された手足を見ると、完全に意識はないようだ。



『まさかこのガスマスクだけ手抜きだとか…?犬だけ差別?いい度胸ね』


バタ子の背後に黒いモノが集まりつつある。

『し、失礼なっ!!俺様がそんなくだらない事するわきゃねぇだろっ!!』

『じゃあなんで気絶したままなのよ?』

『死んでんじゃねぇの?』

そう答えたカレーをバタ子があざ笑う。

『フッ、これだから単細胞馬鹿は。
いいこと?覚えておきなさい。十数年以上、変わらぬ設定で続いている漫画、アニメのたぐいは
「登場人物は死なない」
という定義の上に成り立ってるのよ。
つまりチーズは死なないわ。』

自信満々にニヤリと笑うバタ子。

『そんな定義があったのか…!?』

『っていうかチーズの脈を調べたらわかるよね。』
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ