アンコ詰め合わせ

□恐怖はすぐ側に。2
2ページ/6ページ

『普段賑やかな分、不気味だな…。ってか、臭いキツくなってねぇ?目開けられねぇよ…』

『……この臭い、家の中からするのか…?』

無言で奥の扉を見つめる。

正体不明の異臭。
静けさも相まって、一層恐怖心をあおられる。


『……これ以上進んだら僕ら臭いで死にません?


ピクリとも動かない三人。

可能性はかなり高い。


しばらくの沈黙。


やがてその重々しい口をバイキンマンが開いた。


『……俺だけガスマスク付けてこよ―っと。』

『Σ何ぃっ!?そんな便利なモノを持っていたのか!!?』

『ずるいよ!!自分だけ助かろうなんてっ!!!!』
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ