アンコ詰め合わせ

□恐怖はすぐ側に。1
2ページ/4ページ

チーズは寒いのだろうか、体を震わせながらじっとこちらを見ている。


『それはいいアイデアだねっ☆チーズも気持ちよさそ〜♪』


兄弟揃って窓辺でニヤニヤと意地悪く笑いながら、チーズの必死な姿を見ていた。
と、その時


『なぁ〜にうちの犬をいじめてんのよ、鬼畜兄弟。』

『Σば、バタ子さんっ!!!!』

『メロンパンナちゃん?気持ちよさそうって思うならアナタも浴びてくる?遠慮はいらないわよ?
ところでアンパンマン。サッサとあの馬鹿犬を家の中に入れてもらえないかしら?
犬のくせに風邪でもひいてごらんなさい。看病するのは誰だと思って?』


真っ黒なオーラを背景に、無表情で二人を睨むバタ子。


『スイマセン。すぐに救出に行きます。』

『あ☆待ってお兄ちゃん!!私も手伝う!!』
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ