大盛アンパンセット

□感謝!読者様☆
1ページ/6ページ

『・・・という事で質問コ〜ナ〜だよ☆進行役は僕、ショクパンマンと』
『アンパンマンだ・・・ってか管理人がサボってた尻拭いをなんで俺が。』

  どこかの管理人のおかげで、主人公は不機嫌だ。・・・すみません。

『いいじゃないかこれもファンサービスの一環さ☆』
『・・・なんかむかつくぜ』
『不機嫌な君も素敵だけど早速一通目いってみよ〜☆』

 
   「はじめまして☆………はじめましてなのに失礼なのですが、このサイト様って以前閉鎖されま
せんでしたか?私の勝手な勘違いorもう復活された だったら嬉しいのですが… でゎ、これから
も応援しています」

 
『あ〜きたね、これ。』
『ここの管理人が悪いんだよ。優柔不断だからこんな混乱ご起きんだよ』
『僕から説明させてもらうと、一時本当に閉鎖しようと考えてたみたいだね。でも考え直したみたい』

  管理人より。もう大丈夫です!更新はしなくても、閉鎖はしません!(一番たちが悪い)

『じゃ二通目な』


    「食アンに進展を!!!!!!!!!!」


『はい来ました僕好み』
『いみなり二通目から不幸の手紙が・・・!!』
『何を言ってるんだいアンパンマン!これがあるから止められないんじゃないか!』
『それはお前だけだ。』
『しかもさらに・・・!!』

   「ツンデレアンパンマンが見たいです(´∀`)デレですよ。デレ!!」

『だってさアンパンマン!』
『目を輝かせながら俺を見るなっ!!!!!』
『デレ!デレ!デレアン!!!!vV』
『何だよデレアンって!!気持ち悪ぃからよってくんなっっっ!!!!!!』
『デレアンってあれだよね、「ショクパンマン・・写真とんなって言ったろ?あんまり撮りすぎると・・・もう一緒に風呂に入らないからな?」みたいなぁーーーっっっ!!!!!!!!
 【ゴッ】

 例のごとくアンのコブシに鎮められるショク。すでに恒例の行事となっている。

『さ、ホモが静かな間にどんどん進めるぜ〜』
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ