大盛アンパンセット

□節分
1ページ/7ページ




それは天使のお告げのような一言だった。


『お兄ちゃん、豆撒きしたいから鬼を探しに行こぉ☆』




節分





『……鬼は探しに行くものなのか?』


アンパンマンの記憶が正しければ、節分は家から鬼を追い出す行事だ。
わざわざ探しに行って退治する、桃太郎的行事ではないばず。


『だっていないんだもん☆』

『何言ってんだよ、男好きの鬼が家の中を年中徘徊してるじゃねぇか。』

『それはジャムさんの事かしら?』

『まぁある意味、鬼と一緒に追い出したい存在だけど、やっぱ鬼って言えばバタ……』


アンパンマンは、重力に従い落ちる滝のように血の気が退いていくのを感じた。
自分のすぐ側に、無意味に満面の笑みをたたえたバタ子が立っているからだ。

―――これからいろんな事をしたかったのに…もう出来ないのか…

少し切なくなって覚悟を決めた時、鬼は笑顔のまま口を開いた。


『どうしたのアンパンマン?顔色悪いわよ?』

『え…な、殴んねぇの?』


次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ