大盛アンパンセット

□借金返済…?
2ページ/13ページ

その体からは黒いオーラがにじみ出ている。

『…ま、まぁ過ぎた事は仕方ないじゃろ?』

反省の色が全くないジャムの態度に、独裁者的なこの二人が何も思わないわけがない。
いつものように普通にキレた。
そう。
"い つ も の"ように普通に―――。










――しばらくお待ち下さい。






…数十分後


『まぁ…そうね。過ぎた事は仕方ないわ』

少しスッキリしたような表情で、頬についた血しぶきを拭いながらバタ子が言った。

『そうだな。』

そして何事もなかったかのように、金属バット(使用済)を棚にしまうアンパンマン。

『でもちゃんと罪は償ってもらわなきゃねぇ。アンパンマン?』

赤く染まったハンカチを握りしめ、微笑みながらバタ子が言った。
それにならい、アンパンマンも笑いながら答える。

『犯した罪に見合う罰を受けるのは、当然だろ〜』


当の本人は、もうすでに罪を償っていると言っても過言ではないほどに、変わり果てた姿をしている。

次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ