大盛アンパンセット

□バイ−記憶=?
2ページ/10ページ

『こんな嘘も見破れないとは本当に記憶喪失みたいね。』

バタ子はまだ黄緑色の液体をすすっている。
が、なぜか誰もそれについては触れない。


『本当に何っにも覚えてないのか?』

『あぁ…全く覚えていない……』

バイキンマンはずっと、どこか不安げな、苦しそうな表情をしていた。
よく観察すると挙動不審な所もまちまち見られる。
記憶がないというのは、よほど精神を不安定にさせるのだろう…ざまぁみろ。いい気味だ。
とアンは腹黒くほくそ笑んだ。
その時、壊れんばかりにドアが勢いよく開け放たれた。


【バゴンッ】

『いやぁ―、今日は実にいい日だ!!』

大声をあげていきなり現れたのは、史上最高の笑顔をたたえたカレーパンマン。
バイキンマンは見知らぬ人物の、いきなりの訪問にびっくりした。


『あ☆カレーパンマン〜!絶対来ると思ってたよ〜!』



 
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ