大盛アンパンセット

□バイ−記憶=?
1ページ/10ページ




『……おいお前』

『あ?』

不作法に呼ばれて少し不機嫌になったアンは、振り返り一瞬目を丸くした。

『……びっくりした〜。お前が俺に普通に話しかけるなんて…』

いつもアンとその人物が会う時の第一声は、かなりの確率で「アンパンマン覚悟」等である。

『で?なんだ?金なら貸さな』

『俺は誰だ?』

アンパンマンは顔をしかめながら答えた。

『……………バイキンマンだろ?』


アンパンマンが事態を把握するまであと30分



  バイ−記憶=?





『記憶喪失?バイキンマンが?』

バタ子は黄緑色の不気味な液体を飲みながらいぶかしんだ。


『俺は…一体……』

『さっきからずっとこんな調子なんだよ…』

『え〜☆本当に何もわからないのぉ?自分が幼児番組の出演者で、ロリコンだって事も〜〜?』

え。  …お、俺はロリコンだったのか…!?しかも幼児番組に…出演…!?』

メロンパンナのあどけない一言にバイキンマンは混乱した。

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ