アンパンセット

□不思議な水
1ページ/15ページ

ある


晴れた午後―――




いつものようにパトロールしていたアンパンマンに、その災難は訪れた――。

『あー暇ー。パトロールっつったってただ飛び回ってるだけだしなぁー
事件なんてそぅそぅねぇしなぁーー』

と言いながら同じ所をぐるぐる回るアンパンマン。

『アンパンマン!!』

『お、バイキンマン』

『てめぇはヒーローなのになんでそう不真面目なんだ!!!!』

『ダルいもんはダルい。』

『…
その憎まれ口も今日までだ!!!!見ろ!!』

『?なんだ、そのビン?』

『説明は後!!とにかくくらえ!!』

『ぶわ!!!!』

【ビシャッッ】

透明な液体がアンパンマンの体に降りかかる。

『ぁにすんだよっっ!!!!マスクが汚れるだろっ!!』

【ズボッ】

珍しく自分からマスクを取るアンパンマン。

『水もしたたるいい男〜♪』

『……だからどこから出てくんだよお前は。』
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ