アンパンセット

□ピクニック
1ページ/8ページ

澄んだ青空


一面の花畑


そして




足元に広がる……




    血。




『……こんな綺麗な場所で殺戮はやめとけよ。バタ子。』

『だってこのクソじじぃったら、
[もし美形に出会ったらワシのモノに…!!!!]
なんて呟いていたのよっ!?』

『安心しろ。こんな人里離れた所に美形はいない。そしておまえ等に惚れるわけがないから。』

アンとバタ子の足元には、血まみれなジャムが倒れている。

もちろんバタ子の手には血のついたこん棒が握られていた。


今日はバタ子、ジャム、チーズ、アンパンマンの4人でピクニックにきていたのだが、ささいな事で殺し合い…もとい喧嘩したジャムとバタ子。

『アンッ』

【ガブッ】

いつの間に発見したのか花畑に転がっていた大きなオニギリ。
お約束、とでも言うようにチーズはオニギリに噛み付く。

『チーズ!!やめとけって!!』

【ズボッ】

アンパンマンが止めに入ろうとしたその瞬間、オニギリ…もといマスクが取れてしまった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ