渋柿単品

□『魑魅魍魎』
1ページ/1ページ




取るに足りぬ
細かなものよ

蠢き唸り数多に
存在するものよ

烏合の衆に紛れ
巣の中から叫ぶ
ものたちよ


なぜそれにまで

特別になろうと
躍起になるのか

顔をしかめながら
罠を作るのか

全てを踏みつけ
さほど変わらぬ
高さに上るのか

欲望のために
全てを捧げるのか


そして
なぜそれを
愚かだと気付かないのか

魑魅魍魎
そこの君に
言っているのだよ







[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ