渋柿単品

□『復讐前夜』
1ページ/2ページ


俺は憎んでいる
お前を
地の底より深く


お前を殺すシーンを
思い浮かべるだけで
血が沸き
肉が踊る
なんとも言えない
恍惚感

黒く まどろむ
酔いしれるような
憎しみという快楽


苦しいのか
悲しいのか
楽しいのかも
わからない
きっと俺は
狂っているのだろう
それでも構わない

この憎しみの沼地から出たくない

今出てしまえば
何もないこの俺に
冷たい風が
身を焦がすだろう

そんな世界よりは
憎しみに浸かる方がいい



俺は待つ
不敵な笑みを浮かべ
罠を仕掛けて
お前を待つ

「どう料理しよう?
今までにない極上の
苦しみと死を与えて
……その後は…


ソノ後ハ?」








次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ