短い夢

□ダイナマイト点火!!
1ページ/1ページ




「……………」

「……………」

「……………」

「なんだ、アイツに彼氏が出来たくらいでヘコんでんのか、情けねーな」

「ちょ、リボーン!!」


相変わらずツナの部屋に集まってる獄寺と山本。
いつもと違うのはツナの幼なじみで、獄寺が好意を寄せてるアイツがいないってことだな。
まぁ、さっき言った通りアイツに彼氏が出来たそうだ。獄寺がぐずぐずしてる間に他の男に持ってかれちまったみてーだ。カッコ悪ぃぞ、獄寺。
アイツが好きだってようやく認めた途端に失恋、笑えねーな。
オレは笑うけどな。










「ったく、どーすっかなぁ……」


カッコ悪ぃ、リボーンさんに言われてから1ヶ月が過ぎた。
未だにオレはなんにもできてねぇ。今日もまた十代目の家から帰るだけで、アイツともほとんど会っちゃいねぇし……


「………ん?」


何気なく公園を見たら、ベンチに座ってる人影。
久しぶりに見かけた姿に嬉しくなって思わず近づいていった。


「何してんだよ?」

『あ………獄寺』


ぼんやり見上げた瞳は虚ろで、なんか落ち込んでる気がする。


「なんだよ、喧嘩でもしたのかよ?」

『……………』

「たった1ヶ月で破局か?」


少しからかうつもりで言った言葉に、ぼろぼろと涙を流しはじめて焦った。
あたふたって言葉が似合うくらいに。


「な、なんだよ!?どうした!?」

『ぅ……、っ………』

「……………」


泣いてる姿がオレ以外の男のことを想って泣いてると思うと、イラついたってのもあるが、それ以上に抱き寄せてやりたくて。
ただ、それだけでアイツの頭を自分の胸に押し付けた。







「………落ち着いたか?」

『………うん』


一頻り泣いて落ち着いたのか、やっと顔を上げた目が赤い。


「どうしたんだよ……」

『……………』

「言いたくないならいいけどよ……」


ホントはよくねぇけど、コイツの口から他の男のこと聞くのはそれはそれでムカつく。


「1人で溜め込むなよ……」

『…………ぃ』

「は?」









『獄寺気持ち悪い』

「はぁっ!?」

『獄寺が励ますとか気持ち悪い』

「お、おまっ……人がせっかく励ましてやってんのに気持ち悪いっ!?」

『だって気持ち悪いし、なんかムカつく』

「お前なぁっ!!」


相変わらずのやり取りをしてる内に、気がついたらアイツは笑ってて、まぁなんというか安心はするんだけど……オレの腕の中にいるってことを忘れてねぇか?
今の今までオレも忘れてて、今になって自分がしたことに赤くなってると、アイツはオレの心境を知らずに胸に顔を当てた。





『あたし、人生の選択間違えた……』

「は……?」







その言葉の意味を理解するのは数日後で、理解したってことはまぁ、その……あれだ。
付き合うことになったというか……


とりあえず、そろそろヤっちまうかって考え…」


「リボーンさんっ何オレの声で変なこと言ってんスか!?」

「お前の心の声を代弁してるだけだぞ」

「思ってません!!」

「あぁ、このマイクはジャンニーニに作らせていろんな奴の声が出せるんだぞ」

「そんなプチ情報もいらないです!!つーかなんで知ってんすか!?」

「オレに隠し事なんかできないぞ、獄寺」

「リボーンさんっ!!」




「なんか獄寺くんって、遊ばれてるよね……」

「あぁ………」


とりあえず、これからもアイツらで遊べるな。





ダイナマイト点火!!




[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ