短い夢

□煙草着火まで
1ページ/1ページ




「てめぇ少しは黙ってらんねぇのか!?」

『獄寺の方こそ黙ってらんない訳っ!?』


相変わらずアイツらはケンカばっかしだな。


「オレは十代目に文法を教えてる最中なんだっ!!」

『その前に単語覚えなきゃ文法なんて覚えたって意味ないじゃんっ!!』

「っんだと!?」

『なんだよ!?』


成長しないな、お前らは。
んなことより宿題教えなきゃなんねぇーのはオレなんだぞ。ツナの家庭教師はオレなんだからな。
ま、楽はできるけどな。





「リボーンっ!!」

『あ、ビアンキさん』

「ふごばっ!!」

「うわっ獄寺君!?」


獄寺の奴、ビアンキ見てぶっ倒れやがった。まだまだだな、獄寺も。


「昔はこんな病弱な子じゃなかったのに……」

『ほっとけばいーんですよ』


アイツの方は獄寺なんか眼中になさそうだな。横で倒れてるってのに。まぁ、獄寺のはいつものことだからな、見慣れたんだろ。


「ビ、ビアンキ、ここにいると獄寺君がちょっと…あ、あれだから顔隠すか、部屋から出てもらわないと……」

「いやよ、私はリボーンの側にいたいの。それに隼人の面倒を誰が見るっていうの!?」

「だからビアンキがいたら余計ヒドくなるんだってば!!」





ってな訳で、獄寺だけ部屋に残して下の部屋に来たんだが…アイツの姿だけ見当たらねぇーな。














『獄寺ぁーだいじょーぶか?』

「あ…?なんでお前がいんだよ?」

『獄寺のこと馬鹿にしに来ただけだから気にすんな』

「…っとにかわいくねぇー」


そっぽ向いちまった獄寺を余所に、アイツはベッドに寄りかかったのか。


『あたしに可愛げ求める方が間違ってる』

「……………」

『あのさー……』

「んだよ……」










『獄寺がそんなんだと、調子狂うんだよ……』

「な、んだよ…それ……」

『………別に』



そんだけ言って戻ってきちまったのか、アイツ。進展のない奴らだな、ホント。
秋の子分達が見てたっていうから聞いてみたってーのに、つまらねーな。これだから中学生は。



ま、アイツの方もオレが思ってたより獄寺のこと嫌いじゃねぇーみたいだな。



「前ほど気に食わなくはねぇーか……」

「そりゃそうだろうな」

「げっリボーンさん!?」


オレに気づかないとは、色んな意味でコイツはまだまだだな。






煙草着火まで


[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ