妖精の譜歌〜The ABYSS×elfen lied〜


正しき者の唇は叡智を告げ、


正義を物語る。


苦難に耐えている者は幸せだ。


いつか認められた時に人生の王者となるであろう。


主よ 聖なる王よ 哀れみ給え


この聖女はこれほどまでに清らかで静けさをたたえ


これほどまでに慈悲に満ち 情けが深い。


嗚呼 純潔な白百合のように。





(LILIUM:近藤由紀夫)

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ