一年計画

□高誕
1ページ/2ページ

「なんだ、遅かったではないか」




目の前の状況を飲み込むことができず、坂田銀時はその場に立ちつくしていた。









「まったく、大方どこかで寄り道でもしていたのだろう。貴様、帰るまでが遠足だと習わなかったのか!」


「……………」


「まぁよい。せっかく来たんだ、茶でも出そう。といっても、不味い茶しかないがなハッハッハ」


「……………」


「どうした遠慮はいらんぞ、どうせ不味い茶しかないがなハッハッハ」


「……っていうか、ここ俺ん家だからァァア!!!!」


「フゴォッ!」



ソファーでくつろいでいた桂の顔面に、銀時のとびげりが綺麗にきまった。










「久しぶりだな銀時」


「久しぶりじゃねーよ!何してんだこんなところで!」


「坂本に呼ばれたのでな」


「テメーら何勝手に人ん家を集合場所にしてんだよ!こんなもん不法侵入以外の何物でもねーよッ!」


「というか、先日は俺の誕生日を祝ってくれてどうもありがとう」


「というか、近い。顔が。あと人の話を聞け」


「というか、貴様あれはどういうことだ。あの後大変だったんだぞ、高杉が…」


「いやーすまんすまん。遅くなったぜよ」



ガラガラとドアが開き、諸悪の根源である坂本が入ってきた。










「何ナチュラルに入ってきてんだよ」


「みんな集まっとるのー」


「何度も言うけど、ここ俺ん家だから。渋谷のハチ公前とかじゃないから」


「何を言っとるんじゃー金時ー。そんなの知っとるきにー」



アッハッハーという笑い声が部屋中に響き渡る。











「久しぶりだな坂本。まぁ座れ」


ゴンッ!

またしても銀時の拳が振り落とされた。





「アッハッハー金時もヅラも元気そうで何よりじゃー」







そんな坂本にハァ、と一つ溜め息を吐き、銀時は言葉を繋げた。













「坂本よぉ…何しに来たのかなんて聞かなくてもわかるけどな」




時期が時期だ、嫌でも想像がつく。
おまけにこの顔ぶれ。










「今回は高杉を祝おうってか?」


「その通りじゃ!さすが金時、話が早いのー」


「…悪ィけど、俺たちはもうこんな仲良しごっこができるような仲じゃねーんだよ」


「あっはっは!おんしらが仲良くしてる所なんて見たことないぜよー」


「真面目に聞けって!」




坂本の笑いがピタリと止まる。


銀時はもう一度溜め息を吐き、くしゃりと頭を掻いて続けた。
















「俺たちが交わすのは挨拶でも酒でもねぇ……












剣なんだよ」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ