シアワセノウタ

□デアイノウタ
1ページ/8ページ

わたしは今日、どれだけの人に出会うだろう…。



-カルセリア学園・アウリア教室・A-

12時の終りのチャイムが鳴った。

鳴り終わった直後、扉がいきよい良く開く。

そして…

「アルヴァご飯食べに行こ〜

「五月蠅い

「五月蠅いとはなによ

この学園にお前以上に五月蠅いのがいるか

「お前…先生に叱られてるのにチャイム鳴ったから帰るって、逃げて来ただろう

「何故、それを

「普通に聞こえるからだ

「逃げたらダメですよ

レクトが教室の中に入って来た。

「レクト良いじゃない、別に。」

「良くありません先生の話は聞かないと

「嫌だご飯食べるの遅くなるし

「でもあれは…

「式の途中に爆睡したお前が悪い。」

「何でアルヴァがそれを知ってるのよ

「式の途中に先生に叱られてたから。」

「だって…眠たかったんだもん。」

…お前結構寝てたよね

「それに、式の先生の長い話は寝る為にあるんだよ

「あの、それ絶対違いますよ

「お前がそんなだから怖い先生になったんだろうな

オレもレクトも呆れるしか無かった

「元気そうだね、ニアちゃん

「は…

突然、あの歌の少女が声をかけた。

しかも、ニアと…。

オレらはこの会話中、ニアと言って無いのに…。

そこから導かれる答は一つ…

「セ…セア〜

「久し振り、ニアちゃん

「うん。セアも元気そうだね〜

ニアの幼馴染み、という答だった。

「その人がニアさんの幼馴染みですか

「うんとりあえず詳しい自己紹介はご飯食べながらにしよう

勝手に話を進めるな

「先生は…

「レッツゴー
「ニ、ニアちゃん

ニアは速効で教室から少女を連れて出てった。

「行くしかないか
「ですね

余計怒られても知らないぞ、オレは…。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ