シアワセノウタ

□マナブコト
1ページ/8ページ

-わたしが今まで学んだもの…-

「授業って…どんなことやるんですか?」

朝の授業前にセアが聞いた。

「別に午前中は普通の授業だよ〜。」

「そうですね。特別授業は午後からですし、単位がとれれば毎日うける必要は無いんですよ。」

ニアとレクトが答えた。

「そうなんだ。学園初めての授業、頑張らないと

「…というか何で二人ここにいる?」

ここはカルセリア学園の1-Aの教室

「別に良いじゃんか
授業が始まる前には帰るから。」

何か問題ある?とニアが聞く。

「問題は無いけど…、ニアが起きてるのが不思議だ。」

プチン…。

「アタシが起きてるのがオカシイと…

「オカシイ。」

「ぶん殴られたいの

「殴りかかって来たら避ける。」

「お二人共、喧嘩はダメですよ


「でもニアちゃんは、わたしが起こしに行かなかったら…まだ寝てたよね

「ひ、否定出来ない…

「自分でもネボスケの自覚があるなら治せ。」

「嫌

「………

全員呆れて何も言えない。

「ぼくら、そろそろ戻りますね…。」

「アルヴァにセア、昼放課になったらここに来るからね〜

「はいはい、わかったよ。」

「またね。」

ニア達が出ていった。
ちょうど授業始まりのチャイムが鳴った。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ